あなたは紙をつかって校正していませんか?ぼくはやめました。


iPadでこんなに細かい字がかけるんです!

スクリーンショット 2014-07-15 11.14.28

クラス通信を作る時に紙への打ち出しを行っていますか?

突然ですが、ぼくは紙が大好きです。

本もデジタル書籍を数冊買いましたが、
漫画意外はもう紙にもどってしまいました。

iPad上で文字を読むのも苦痛です。

スクリーンショット 2014-07-15 11.13.21

だからわざわざ印刷をしていつも読んでいました。

しかし昨年にぼくの担当していただいた講談社の編集者が、
iPadをつかって原稿をみているのが気になりました。

プロの編集者はiPadをつかって原稿を読むんだ!

その事実に驚きました。

また同時に、単に読んでいるだけなのだろうか?とおもって覗きこんだのです。
そうしたらぼくの原稿に、いろいろ書き込みがしてあったんですね。

「え!iPadで書き込みなんてできるんだ」
とは思ったのですが、どーせ、

「文字が潰れてしまうんだろうな〜」

と思ったら、細かい字までしっかりかけている。

スクリーンショット 2014-07-15 11.14.07

スタイラスペンなんかつかってなんで?どうやってこうなるの!?
驚きました。

でも実際はまったくたいしたことなかったんですね。
どうやって編集者が書いていたかというと、
描くときだけ画面を拡大して、大きな文字でかいて、

スクリーンショット 2014-07-15 11.13.30

また画面を小さくしていたんです。

スクリーンショット 2014-07-15 11.14.28

おーそういう技があるのか。

さっそくアプリの名前を聞きました。
GoodReader」というアプリでした。

インストールしてためしにサイエンスニュースレターという
ぼくが発行しているクラス通信の校正をやってみました。

これがすごい威力です。
文字を赤でかいて、消したり、また書いたり。
また他の色を使って書いても、カラーなので区別がつきやすかったり。

例えば校正は赤で、その文章に関するコメントは青で。
などとルールをきめると、とっても使いやすいんですね。

それからというもの、文章校正にはiPadはかかせなくなりました。
明後日発売する、こちらの本の編集者とのやりとりもすべてiPadのGoodreader
から行いました。

紙も無駄にはなりませんし、快適で、電車の中で校正はほぼ行いました。
すごい時代になりました。

ぜひご活用ください。アナログに校正できるし、
ぼくはこのアプリとExplain Everythingのために
iPadを買ったと言ってもいいのかもしれない、
教師おすすめのアプリです。

今日のオススメ

GoodReaderで学研さんとやりとりした本です。
明後日発売!

スクリーンショット 2014-07-11 11.11.26

次の科学のタネ

スクリーンショット 2013-11-28 20.26.54

科学のネタ帳の更新情報

メールマガジンの登録はコチラからどうぞ。


 



動画授業の配信はこちら